CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazing Nuts!(DVD付)
Amazing Nuts!(DVD付) (JUGEMレビュー »)
RAM RIDER,倖田來未,mink m-flo loves DOPING PANDA,m-flo loves DOPING PANDA,m-flo,古川裕,RAM RIDER,倖田來未,h-wonder,mink,Vincent Degiorgio
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

SPACE MUSIC.

大好きな音楽や、日々のこと。
のーんびり更新ですが、よろしくお願いします。
今イチオシArtistはRAM RIDER
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
丸ごと一冊ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005。
8月31日に発売される
ロッキング・オンJAPAN特別増刊号の表紙が
さっき公開されました。
2003年(2002年だったかも・・・)の
ROCK IN JAPAN FES特集はは薄い別冊。
2004年は今年は普通のROCKIN' ON JAPANの
中に少し書かれているだけで、少し悲しかったな・・・。
しかし、今年はすごい。すごいよーロッキング・オン。




この表紙の桑田さんの右隣にいるのはゴッチかしら??
あのミニマムさはそんな気が。っていうか、アジカンの皆さん?左隣は民生さんかな。


全65ライヴのリポートはもちろん、バックステージ写真も満載、
当日、会場でスペシャル・インタヴューまでもあるという豪華さ。


このロッキング・オン・ジャパン9月増刊号8月31日(水)に発売
720円ですよ。
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FESはまだまだ終わらない。
丸ごと一冊ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005
ロッキング・オンJAPAN特別増刊号8月31日発売決定!!

毎年、ロッキングオンはフェス特集をしていたけど、
今年はなんとROCK IN JAPAN FESTIVAL特集だけで丸ごと一冊らしです!
全65ライヴのリポート&約10本のスペシャル・ロング・インタヴュー、
そしてバックステージ写真も満載!

これは絶対買わなきゃ!31日はみなさん本屋へダッシュ。


しかも、rock'in からでている「H」でも、
・ポラ日記in「ROCK IN JAPAN FES.2005」特別小冊子に、
           あの3日間の興奮と感動を閉じ込めます

という企画があります!
写真好き、フェス好きの私はもう買うしか有りません!
その他、
●くるり岸田繁が浴衣姿の下町縁日散策で見せた“素”の表情。新曲“Superstar”を語ったテキストと併せてどうぞ!

●『H』から読者のみなさんへ送る晩夏の便り。中谷美紀、麻生久美子、瑛太、レミオロメン、太田莉菜、バンプ・オブ・チキン、オレンジレンジ、宮あおい、ピエール瀧、清川あさみ、永瀬正敏――『H』ゆかりの方々からの残暑見舞いが届きました!


などステキ企画満載!「H」も8月31日発売デース♪


8月20日発売のROCKIN’ ON JAPAN


イェーイ、Kj表紙!!


NANO-MUGEN FES. 2005のレポートやくるりなどもあります!

もう本当にありがとう株式会社ロッキング・オン!! 
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005 2日目レポート(音楽編)
SINGER SONGERが終わって、DJブースへ猛ダッシュ!
今日の目的、
RYUKYUDISKOを見るため
DJブースにつくと人が溢れかえってるー
しかし、人を掻き分け、少し中に入って踊りましたー
もうDJブースは暑かった!でも、琉球的衣装を着たRKD1、RKD2はかっこよくて、
音も最高で、かなりノリノリ!大好きなCHURASIMAも流れたし言う事なし!
沖縄の音楽とテクノミュージックを融合させる
新しい表現によって生み出されるスタイルはやっぱり最高だよ♪




次のDJも大好きなRAM RIDER
RAM RIDER本人を見たことがなかったけど、いやー、かなりかっこよい方でした♡
かっこいいと言うか、可愛いと言うか。
もう大好きなタイプです(爆)惚れ惚れ。


見とれてましたー。あのフィルターのかかった声もやっぱりいいなぁー。
途中何回かちょこっとミスってしまって、「ヤベェ・・」とか口ぱくをしてたけど、
全然そんなの気にならないほど、最高の場だったよ!

しかし、ごめんなさいRAMさん!!
ちょっと抜けて、ZAZEN BOYSを見てきます!
ということで、レイクステージへ。
行くと、ちょうどIKASAMA LOVEをやってて、SEKARASIKA、KIMOCHIまで聞きました!
もうそこにはZAZENワールドが出来上がってて良い雰囲気、最高な場だった!
そして、半透明少女関係をしないかな〜と
後ろ髪を引かれつつも、またまたDJUブースへと大急ぎで戻りました。
あとで、QUICK REPORTをみるとEN-1で半透明少女関係をしていてプチショック。


しかし、RAM RIDERのユメデアエルヨを生で聞けて本当に最高だった!
本当に大好きだーRAMさん!もう昨日からずっと曲をリピートしまくってます。
RAM RIDERが終わる時に「本当にごめんねー」と誤ってたけど、
全然OKです!だって、あんなに踊れる場を作ってくれたことにこっちが感謝だよ。

RAM RIDERのイベントかライブに行きたい!本当にすっごく行きたい!
サマソニでも、RAM RIDER出演するみたいなので、行く方はぜひ楽しんでください!
私も行ってRAM RIDERにあいたいよー。サマソニ・・・


そして、そのままDJブースにいて、2日目はDJブースから花火を見ました。
GLASSステージよりすっごくキレイに見えて、嬉しかったな。
その後シートゾーンにちょこっと戻ったけど、誰もいなかったので
もういいやぁと思いDJブースに即戻って、そのまま9時ぐらいまでい続けました。
もう汗びっしょりだけど、すごいHAPPYな時間を過ごせた!



THANK YOU!
     ☆ ROCK IN JAPAN FES.2005!!! 

そして、このフェスを作り上げてくださった、渋谷陽一氏をはじめ、
ロッキング・オンのスタッフの方々、
出演してくれたアーティスト達、茨城交通の方々、ひたちなかの方々、
会場で清掃や、警備、物販の方々本当にどうもありがとうございました!
この全ての方たちいたからこそ私たちは気持ちよくフェスを過ごせました!
来年もひたちなかで会える事を願ってます☆



2005.8/8 はな*


詳しいレポートはROCK IN JAPAN FES.2005のオフィシャルHPにあるので
そちらを覗いてみてくださいねー☆
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005 2日目レポート(音楽編)◆
HY終わったあと、1人でSOUND OF FORESTにお出かけー。
目的はSalyu



付いた時にはちょうど始まる直前で、お客さんがぞくぞく集まってきてましたよ。
曲はウエエ、VALON-1、Dramatic Irony、彗星、to Uと5曲だったけど、
あの、青空をも突き抜けるような澄んだ声で癒された〜
この時間帯、スゴイ暑い時間帯だったけど、Salyuの歌声は鳥肌がたつような
ゾクゾクしちゃう声で、暑さなんてそっちのけ。
クリアな中にも力強さがあってステキな空間でした!
あの、小さな森の中で似合う歌声だったよ。それにSalyuもすごーく可愛かった。
サポートキーボードの小林 武史さんもステキだったー
Thank You! Salyu!



その後、みなと屋へ行き、スイカを食べて、
レイクステージでThe Band Apartを見ようって思ったけど、
かなり体力を消耗してたみたいなので、
これはヤバイ!と思いシートゾーンに戻って、休憩。ごめんThe Band Apart!
それから、豚丼温玉添えを買ってきて、食べながらウルフルズを聞いてました。



1発目からバカサバイバー!これはすっごいも盛り上がるしかないでしょ!
続いてこの場にピッタリのSUN SUN SUN‘95
“バンザイ〜”“大阪ストラット”“暴れだす”
“ええねん”“ガッツだぜ!!”“いい女”
と名曲の連発!!
今までのなかで、
こんなに大合唱が続いたアーティストはいないんじゃないかと思ったぐらい
ひたちなかの気温をあげてしまいそうなアツーイライブでした!
Thank You! ウルフルズ!


GLASSステージの5番目のバッターはTHE BAND HAS NO NAME


私はTHE BAND HAS NO NAMEの曲は聞いたこと無かったけど、曲、かっこよかった!
ステージはゆる〜い感じ、もうマイペース度全開。
しかも、「初出場なのにデカイ(ステージ)ほうですみません」とか、
「トータスのあの衣装よりはやる気ありまーす。」とか、
「なんか押しちゃってるからサクサクやるよ!マイテいこーまいて。」
っていうMCに大爆笑でした。ほんとおもしろいよ。
Thank You! THE BAND HAS NO NAME!


次はSINGER SONGER




この夢のようなバンドを見ようとお客さんがぎっしり!
そしてサウンドチェックもメンバー自ら行ってて、
岸田さんは童謡?(聞いたことはあるけど、タイトルがわかんない…)を弾いて、
サウンドチェックしてて、終わったら拍手が起こってましたよ(笑
いよいよSINGER SONGERの登場!COCCOはカワイイブルーのドレスを着て裸足で登場。
ほそーい&カワイイ!岸田さんもアロハ~な夏な感じ。
曲は「ばら色ポップ」から5曲。
ロマンチックモード、Come on you、雨降り星、Millions of Kiss、初花凛々
すごくさわやかな気持ちに!シリアスでドラマチックモード全開。
そして、最後には新曲の花柄を披露。
さわやかな中にも、力強いCOCCOの歌声、
そして、他のメンバーとの強い信頼関係&仲の良さが見えたよ。
時間は短いけど十分満足できる本当に最高のステージでした!
Thank You! SINGER SONGER!!
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005 2日目レポート(音楽編) 
2日目レポート。私は2時間しか寝れなかったけど、超元気!
で、今日は朝いろいろあって9時ごろ会場入り。。。
すっごい人!もうちょっと早く出ればよかったかな〜。

で、私の今日の目的はsinger songerとDJブースの琉球ディスコ&RAM RIDER!
なので、完全に別行動しましたよ。お昼も別々に食べるという別行動っぷり。

で、グラスステージでは、またまた恒例の渋谷氏の朝礼でスタート。
もう2日目も泣きそうなメッセージ。
最後の「これで朝礼は終わります」って言葉が大好き。(マニアック)
本当に渋谷さん大好きです!愛しちゃってます!《笑
Thank you!渋谷陽一さん!


で、2日目グラスステージのトップバッターは、MONGOL 800
 

渋谷氏が
「アーティスト自らサウンドチェックするグループは
今までのフェスの中で初めてのことで、本当にスゴすぎます。」と紹介。
私はシートゾーンで聞いてたんだけど、1曲目はあなたに
大地が割れそうなぐらいの大合唱で始まりましたよ2日目!
そのあと、ガジュマルの木、WiND、新曲、Hey Mommyと続き、
小さな恋のうた!これまた大合唱!
私もこの間iPodのインターネットブースにいって戻ってくる途中だったけど、
大声で口ずさみながら戻ってきました《笑
リリー、矛盾の上に咲く花、琉球愛歌、PARTY、Don't Worry Be Happyと続いて、
陽気なパーティーナンバー連発。今日も1発目から暑い!
あまりメディアにもでなくて、表に出ないモンゴル800だけど、
人気の高さはこの場でもわかるぐらいの盛り上がり!
Thank You MONGOL800!


続いてはHY


私はこの時はDJブース覗きに行って、ちょっと参加して、
COUNT DOWN JAPANの出演アーティストをじっくり見てて、行こうかどうしようか悩んで、
HMVのCD販売ブースに行き、インターネットブースに行き、
最後に茶屋ビレッジで、イチゴミルクかき氷あずきがけを買うために並んでました(笑
まぁ、かるーく散歩です。
それで、カキ氷を食べながら最後のほうだけ聞いてたんですが、
すっごい夏フェスを愛してる!んだなっていうコメントをしていて、嬉しかった〜
そして、あの沖縄の独特のなまり好きだよー!!
Thank You HY!

2日目レポートも長くなりそうだー
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005 1日目レポート(音楽編)。
 

BUMP OF CHICKEN!!

スタンディングゾーン2列目の柵の一番前でみてたけど、全体が見渡せてよかった。
それにしても、お客さんがぞくぞくと後ろに集まり始めて、
すっごいぎゅうぎゅう状態。BUMPの人気の高さを再確認しましたよ。

Bump Of Chickenの登場曲である
A QUICK ONE (WHILE HE'S AWAY) / The WHO”が流れ出すと、
BUMPのメンバーが登場。
藤くんがギターを高く掲げると、歓声が湧き起こりました。

1曲目はなんとプラネタリウム!まさかこの曲が1曲目だとは!!
でも、この曲のイントロで大歓声がおこり、
オンリー ロンリー グローリー 車輪の唄 、ギルド と続いて、
ダイアモンド。もう今まで我慢してきた涙が!スゴイ泣きました。

それなのに、次はembraceなんて反則だよー。もっと泣くに決まってるじゃん。

次はfire sign
幕張で行われたPEGASUS YOUでもそうだったけど、
チャマ、藤くん、ヒロさんが順に会場の大合唱を先導して、お客さんとバンプが一体に。

最後は天体観測で、ひたちなかの夕暮れをしめてくれました。
全てを出しきってステージを降りる4人の姿はどうどうとしていて最高だった!
藤くん相変わらずフラフラだったけど、
私たちのために全力を出し切ってくれたことが嬉しかったよ。
そして、私は今までのいろんなライブの中で1番泣いたライブだった。
ほんとうに小さな子どもが泣くような大泣きの状態。
それだけ、バンプの曲は私の支えなんだよね。
☆Thank You BUMP OF CHICKEN!☆




そして、1日目のトリを飾ったのはRIP SLYME!4MCの1DJ♪


しかし、この時BUMP OF CHIKENでボロボロに泣き崩れてしまっていたので、
茶屋ビレッジとハングリーフィールドで、休憩をしつつ、シートゾーンで立ってみてました。
フミヤがいないことはとても悲しい事だけど、
その分まで他のメンバーが頑張ってるっていうのが伝わってきました☆


1曲目は黄昏サラウンドこのビートに乗って浴衣姿で登場したメンバー。
おーリップらしいパフォーマンス!
次もスローな“One”。ようやく日も暮れ、風が気持ちいい会場には最適ナンバー。
FUMIYAが作った「超カッコいいトラック」の新曲“UNDER THE SUN”で
元気で、やんちゃな感じでノリノリノのリップステージが開幕!!
生バンドが加わったおしゃれな楽園ベイベー

その後は、
BLUE-BE-BOP、雑念エンタテインメント、
FUNKASTIC、STEPPER'S DELIGHT、GALAXY

と続き最高な音の中で過ごせることがとても幸せー!!

そして、最後は私の大好きなマタ逢ウ日マデ!!!
うわーまた泣きそうになるじゃん!
でも、そこは1人ノリノリでシートゾーンで聞いてましたよ!

で・・・終わりかと思いきや・・・・
そう!リップはこんなんじゃ終わらない!ってことでアンコールに突入。
JOINTをかまし、盛大なコール&レスポンス!そしてOUTRO

そのハイな気分のまま盛大な花火が打ち上げられ、1日目の終焉をつげました。
ほんとうに、ほんとうに、ほんとーーにさいこうな1日!
!!Thank You  RIP SLYME!!マタ逢う日マデ♪

Thank You ROCK IN JAPAN !!!!!!
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005 1日目レポート(音楽編)◆
ついに!Dragon Ash!もう1人で騒ぎまくり、叫びまくり!



普段クールなほうだと周りによく言われ、あまり物事に動じないというか、
あまり周りに興味がないというかそんな感じなんですが、音楽が絡むとかなり別人(笑)
普段の私からは想像できないような感じらしいです。
それだけ、音楽が私の中で重要ということなんですけどねー。

Dragon Ashの話にもどりますが、Introでメンバーが登場。
久しぶりに見るKjの姿に感動。

Under Age's Song がながれてきてもうかなりヒートアップ!
まさか、Under Age's Song がくるとは!もうやられましたー
Amploud+Fantasistaで、頂点まで持っていって、
ゲストを迎えて、resound で頂点をキープ。
Life goes on 、夕凪UNIONで少し落ち着いて、
United Rhythm 、 百合の咲く場所で 、ROUND UP 、Loca Burnin'
crush the window
でまたまた一気に盛り上げさせてくれました!

新曲もあって、なんかちょっと懐かしいようなメロディーライン。
今年のDraon Ashは熱かった〜。Kjも言ってたけど
さすが このフェスが始まってからの唯一の皆勤賞アーティストなだけあります!
最後は静かな日々の階段をで終わりをむかえました。
1時間ちょっとの短い時間だったけど、
Dragon Ashが戻ってきたと思わせてくれるような内容の濃いものでした。

Tourも楽しみにしてるよー!来年もひたちなかに戻ってきてねー!
Thank You! Dragon Ash!!!
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005 1日目レポート(音楽編) 
1日目!すっごい晴れ&気温が高すぎ!
この日はずっとグラスステージで過ごしましたよ。
グラスステージは毎年恒例の渋谷陽一氏の朝礼で幕開け!
(これを聞いただけでも泣きそうに。)




トップバッターはACIDMAN
もうホントにヤバすぎ。朝から、倒れるかとおもったぐらいかっこよすぎでした。
“O=ALL”のイントロ・ブレイクからはじまり、
FREAK OUT 、造花が笑う 、アイソトープと続き、
だんだん盛り上がっていきました!

colors of the wind 、ある証明 が流れ出すと、いてもたってもいられず、
スタンディングゾーンに1人猛ダッシュ!
ACIDMANがトップバッターで本当によかった!と思えるぐらい、
最高のオープニング・アクトでした!
Thank You! ACIDMAN!!




続いての、KREVA、YUKI、100sは一緒に行った人が
睡眠不足&かるーく暑さでやられてたため
テントゾーンにて休憩、その間にご飯や、茶屋ビレッジで食事を満喫。
あとHMVのDJブースにも1人で行って踊ったりしてましたー。
でもやっぱりKREVAの声はよくて、YUKIはかわいかったよ。
Thank You! KREVA&YUKI!!! 


その後、100sから途中参加。
スタンディングゾーンできいてたんだけど、けっこう100sが良い曲で、
CDほしいなぁ〜思いながらきいてました。
Thank You! 100s!!



1日目の前半はこんな感じ。
つづいて、1日の後半レポートへ続く。(っていうか、長くなりそうな予感。
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005レポート・グッズぁ複劭截妝烹截妝庁稗咤烹)。




RYUKYUDISKOのTシャツ。
オフィシャルTはMサイズがジャストなので、これもMサイズを買ったら、
メチャクチャ大きかった!!SかジュニアサイズのLにすればよかった…
しかし、2日目はこれを着ました。
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ROCK IN JAPAN FES.2005レポ・グッズ編。(BUNP OF CHICKEN)


BUMP OF CHICKENのグッズはチャマデザイン。
絶対並ぶよな〜と思ってたけど、それ以上のものでした...
どこのアーティストよりも1番長い長蛇の列。
もうひと、ヒト、人!!!うわぁ〜さすがだな。と思いました。

で、今回買ったのはタオル、リストバンド、メッシュキャップ。
4000円以上買ったので、ビニールバック付き。
| ROCK IN JAPAN Fes. 2005 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) |