CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
Amazing Nuts!(DVD付)
Amazing Nuts!(DVD付) (JUGEMレビュー »)
RAM RIDER,倖田來未,mink m-flo loves DOPING PANDA,m-flo loves DOPING PANDA,m-flo,古川裕,RAM RIDER,倖田來未,h-wonder,mink,Vincent Degiorgio
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

SPACE MUSIC.

大好きな音楽や、日々のこと。
のーんびり更新ですが、よろしくお願いします。
今イチオシArtistはRAM RIDER
<< GROOVY SAUCE | main | PORTABLE DISCO 8bit edition!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
4/23 RAM RIDER 「MUSIC RENDEZVOUS」
いつものオープニングMUSICの後は、今回もなんだか違うゲームサウンド!
それをバックミュージックにスタートです。
こんばんわ!
「MUSIC RENDEZVOUS」ここからの30分は私RAM RIDERがお送りします。
早速1曲目は今週いよいよ26日にリリースになります
僕の新しいアルバムから『ユメデアエルヨ』聞いてください。


♪ユメデアエルヨ(by YMCK) 〜PORTABLE DISCO 8bit EDITION〜♪


改めまして、こんばんは。
今週もやってまいりました、
NACK5「MUSIC RENDEZVOUS」のRAM RIDERです。
あっという間の30分、最後までお付き合いくださぁい。

さてーこの1週間もいろいろありました。
えー僕はですね、今週久しぶりに、先週か!新宿のLOFTという所でですね、
対バンでライブやりましたね。
結構今年入ってからライブ、
いわゆるワンマンて形でやってるんですけど、対バンはホントに久しぶりで
ちなみに出た人がRAM RIDERと、NIRGILIS、
そしてPerfumeという女の子可愛らしい3人組と、
ロマンポルシェというこれまた僕、昔にも1回対バンしたんですけど、
すごいおもしろいユニットがあるんですけど、
彼らと対バンしてきて、
賑やかな楽屋みたいなのを久しぶりに触れて楽しくなりましたが、
また機会があったら今回一緒になった皆ともライブやりたいと思います。
遊びに来てくれた方もどうだったでしょうか?
感想のメールなんかよかったらくださいっ。
あとDJなんかもやったなー



ここで2通メールしょうかーい。
1通目の方の『生ラムさん』って言葉にすごい反応してた。
予約してれば、間違いなく発売日にはお手元に行くと思いますので、
楽しみにしててください!とのこと。


2痛目の方はお金をかき集めて、
『PORTABLE DISCO 8bit EDITION』を買います!とのメール。

なんとかお金をかき集めてアルバムを買います!とのことなんで、
スターバックスのコーヒーを5日間我慢すれば買えますので、トールサイズのね。
ぜひ、貯めてください!5日間かけて。お願いします


でね、PORTABLE DISCOいよいよ8bit EDITIONですね、今週発売になります!なんかあんまりこのアルバムについては当たり前のように冒頭で1曲かけて、
いよいよ26日だ、26日だなんて言ってまいりましたが、
あんま内容とか、作ったキッカケについてこの番組では話してなかったので、
ちょっと話してみようかと思いますが、

このチップチューンというのは、もういろんな所で僕が言っているので、
もしかしたら聞いてる人もいるかもしれないですが、
いわゆるコンピューターの基盤、
ファミコンの中に入ってる音チップ、音源チップだったりとか、
また全然違うゲーム機だったり、コンピューター、
パソコンだったりの中に入ってる音源だけで音楽を奏でてみようという、
そういうカルチャーがずーっと昔からあって、
その中の1個発生したジャンルでチップチューンという音楽だあったんですね。
これはね、要は昔のコンピューターというのは同時に出せる音の数とか、
音色にすごく制限があって、
例えば、3音押したら、次の4音目を押すと
最初の1音が消えちゃうみたいなそういう制限のある中でやってたんですよ。
なんかそんな制限のある中でどれだけ豊かな音楽性を表現できるかみたいな
ちょっとしたプログラムの腕試しみたいな
プログラマーのモサどもが集まって自慢しあうみたいな文化があってですね。
そういうのに、僕はずっと触れてたんですね。
途中で自分もちょっと作ってみて発表したりとかやってたんですけど、
そんな中ゲーム機やらゲームのキャラクターやらが20周年とか、
いわゆる大容量のTVにつなげてやるゲーム機よりも
最近また携帯ゲーム機のシンプルなゲームの方が注目されたりとか、
どんどんいろんなものがシンプルで良い物っていう所に
注目されてるっていう流れがある中で、
僕もそうやってずっと昔から好きなジャンルだし
周りにチップチューンをやってる仲間がいっぱいいるので
ちょっと彼らと悪巧みをしてリミックスアルバムを1枚つくっちゃおう!
ということで作ったんですね。

でやってみたら皆の作品も知ってるし、僕は自分の歌よくわかってんだけど、
この2つが組み合わせるとどうなるかって全然想像つかない!!
ある程度半分は予想通りにいい具合に、
そして半分は思いつかなかった方に転がってまたいいようにって感じで
この『PORTABLE DISCO 8bit EDITION』っていうのは出来上がったわけですよ。
で、僕も相変わらず普通に自分でも聞いてるようなやつなんで、
ぜひ、皆さんも今週出たら買って聞いてもらえればいいんじゃないかと思います。
世の中にリミックスアルバムというものは数多くあれど、
こんなヘンテコリンなやつはなかなか無いんじゃないかと思ってます。
ぜひ、楽しみにしてください。

そんな今週『PORTABLE DISCO 8bit EDITION』が出るワタクシRAM RIDERがオススメの曲を紹介するこのコーナー。


++RAM RIDER's クラシック++
ここでは僕にとってとても懐かしい、
そして僕のルートをたどる上で欠かせないオススメのクラシックナンバーを毎週1曲づつ紹介していきたいと思います。
今日持ってきたのは

♪TOO MANY BROKEN HEARTS / JASON DONOVAN♪

PWLというレーベルを皆さんご存知でしょうか?
ご年配のかた、ご年配ってわけでもないか。
僕よりもお兄さんの方であれば特に聞いてると思うし、
音楽好きであれば同世代でも、
若い人でも、全然名前を聞いたことがあると思うんですけど、
80年代〜90年代にかけてPWLというレーベルはダンスレーベルで、
もう世界中でヒットを飛ばしまくったカリスマレーベルですね。
ピート・ウォーターマンという人が主催してて、
その人が先見の明でいわゆる、アーティスト、
歌が作れて、歌える人を見つけてってその人を育てるっていうよりは、
いわゆるヒットファクトリー的に
いい作家がいる、いい作詞家がいる、いいボーカリストがいるっていうと、
どんどんこれを組み合わせて、
おもしろい事をやっていってみたりとかしたレーベルですね。

しいていうなら、
60年代には、
MOTOWNというジャクソンファイブとか、いろんな人がいたレーベルがあって、
70年代には、
いろんなディスコのレーベルだったりバンドがいてっていうところで、
その延長でダンスミュージックとか
質の良いポップミュージックを量産してたところですね。

そんな中からJASON DONOVANという人、
この人また声に似合わずルックス的には甘い白人の男性なんですけど、
彼のこの曲が僕とっても好きで、ご紹介したくて持って来ました。
1番最初に聞いたのは、
80年代のディズニーランド夜、ディスコをやるみたいな企画があって、
最近でもダンスフィーバーとかやってましたけど、
そういうのを最初にやったやつで、行ってそこでかかってたのが忘れられなくて、
すごい思い出の曲ですね。

Dave Fordっていう人がエンジニア ミックスやってるのが
ここのレーベルには数多くあって、
このDave Fordっていう人もすごく好きなんですけど、
昔、自分の曲じゃないんだけど、
人のために作った曲でDave Fordって人にミックスをしてもらった事があって
僕の音がロンドンまで行ったんですね。すごい感動した覚えがあります。

そんなPWLのレーベルの中から持ってきたTOO MANY BROKEN HEARTS を聞いてください。


〜曲明けて〜

はい、RAM RIDER's クラシック、
今週お送りしたのはJASON DONOVANでTOO MANY BROKEN HEARTS でした。
このPWLっていうのはアーティストいっぱいで、
現役だとカイリー・ミノーグとか、DEAD OR ALIVEもいたし、
DONNA SUMMERもいたし、RICK ASTLEYもいたし、MEL&KIMとか、
大ヒット飛ばしたPEBBLESとかいろんな人がいたすごいレーベルだったですな。
こんな感じでまた来週おもしろいのをいろいろ紹介して行きたいと思いまーす。


++RAM RIDER PORTABLE MIX++
RAM RIDER「MUSIC RENDEZVOUS」、RAM RIDERがお送りしています。
さてここからはおなじみRAM RIDERPORTABLE MIXのコーナーです。
今週は変則的にDJミックスではなくちょっと違うものを持ってきました。

最近よくマッシュアップという言葉を聞くと思うんですけれども、
僕も実は自分がDJするときとかにちょいちょいちょいちょい自分でちょっと作って、こさえたものを持って行ったりするんですね。
マッシュアップというのはもともといろんな説があるんだけど、
RAM さんがよく聞く話だと、
HIPHOPのアカペラ、ラップの声だけが入ってるレコードとか、
流出してレコード屋さんに並んだりするんですよ。
RUN D.M.C.だったり、BEASTIE BOYS だったり。
そういうラップと世の中に出てるいろんな音楽を組み合わせたらあたかも、
全然違う曲の上でラッパーがラップしてるようなやつができるじゃないか、
そういうのがおもしろいんじゃないか、
とかっていうところからいろいろ広がっていったカルチャーなんですけど。
最近だと、マドンナがABBAのトラックサンプリングしてやってましたけど、
そういうのって昔からずっとあって、
マッシュアップっていうと、
2つの別のものを組み合わせるっていうものなんだけど、
これが、例えばアカペラさえどうにか手に入れば、
自分で勝手に曲だけを作っちゃうという事もできるわけで、
僕は実際そういう事をやってずっと遊んでたんですけど、
そんな中で今日はせっかくなんで、DJミックスではなく、
僕が普段DJする時、昔からよく使ったりしてた、自作のマッシュアップというか、
おもしろミックスみたいなのを持ってきたので、今日はそれを聞いていただきたいと思います。
かけた方が早いので、まず聞いてもらってから、喋る!



     ♪今夜はブギー・バック/小沢健二featuringスチャダラパー♪
                         ×


                   ♪「LOSER」/BECK♪
僕が個人的に作ってたまに使ってるBECKのLOSERという曲です。
スチャダラパーの今夜はブギーバックという曲と勝手に組み合わせて
僕のCD-Rには殴り書きで「今夜はLoser]と書いてあるんですけど、
こういうのを持ってきました。

このように2つの曲を組み合わせてなんかおもしろいものを作る。
これは正規でリリースできなかったりとかするんですが、
あるいは海外のTOO MANY DJ's、1度対談とかしてますが、
彼らのように1個1個入念にライセンスを取っていってリリースするような人もいる。
こういうふうにただ組み合わせるんじゃなくて、
ちょっと歌詞の中の意味を組み合わせてみたりとか、
スチャダラ×BECKでいうと
♪「心のベスト10 第一位は こんな曲だった」って紹介するのが、
小沢健二の歌ではなく、違う人の歌になってたりとか、
こんなのをいろいろ作ってかけて、
みんな盛り上がるみたいなのが好きで昔からしてました。

これからも、まだまだ出て来るでしょう。
サンプリングに対する理解も、特に海外を中心にちょっとづつ進んでいるし、
もともとの曲を作った人に対しても、使われたっていうことに対しての
対価がいくような仕組みが確立すればもっといろんな音楽が
カバーっていう形じゃない音楽の再利用ができると思う。

ちなみにおまけ!

     ♪今夜はブギー・バック/小沢健二featuringスチャダラパー♪

                         ×


             ♪Self Esteem / THE OFFSPRING♪

こっちはイマイチですね。
こんな事で遊びながら、あ!これいいじゃん!って思ったら
そこから新しい曲を一から作るとかっていうのもアリだなと。
これおもしろいから、来週もなんか持ってきて紹介しようかなー
普通にMiXするのもおもしろいけど、こんなのもいい。


〜CM〜


日曜夜のサウンドナビゲーション RAM RIDERの「MUSIC RENDEZVOUS」
もうお別れの時間になってしまいました。
今週も楽しんでいただけたでしょうか。
先週はいろいろライブやったり、DJやったりしましたが、
いよいよ今週はRAM RIDER『PORTABLE DISCO 8bit EDITION』リリースになります。
26日ですね。
ホントにね後悔させないというか、あなたの家のCDラックに入れたら異彩を放つ、
一生忘れられない作品になると思いますので、
ぜひチェックしてもらいたいと思います。
また友達にもなんかおもしろい音楽ないかといわれたら、
これ薦めたら間違いないと思うので、
ぜひ、アンテナを高感度にはってるみなさんは
チェックしてもらえればと思います。
チェックするだけでなくお買い上げいただければと思います。

この番組では、(噛んだよー)いろんな音楽をかけていこうと思うので、
番組への、メッセージ、リクエストお待ちしてます。
突っ込んだ質問とか、悩みとか、ほんっと適当に答えますけど、
なんでも、いいんで送ってくださーい

それではまた来週日曜の夜8:30からお待ちしております。
お待ちしております?よろしくお願いします。RAM RIDERでした。





++++++++++++++++++++++++++++++++++
うがー、今回めちゃくちゃ長い。

今週はなんか生放送だった気がするかも。(予想だけど)
TOO MANY BROKEN HEARTSはたぶん聞いたことある人多いはず。

今夜はブギー・バックとかBECKとか
THE OFFSPRINGとか好きでCD持ってるけど、
これが組み合わさるとおもしろい。すごい好きRAM RIDERのマッシュアップ。
なんかのDJの時にぜひかけてほしいな。
| RAM RIDER 「MUSIC RENDEZVOUS」 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - |









http://cosmic-music.jugem.jp/trackback/84